FC2ブログ

風来坊のひとりごと

春夏秋と自転車逃避行に目覚め、冬はジオラマ作りに夢想浮遊。 まるで自由人を絵に描いたような気ままな風来坊でございます。(^^;) 〜2015.11.21〜

凍る?

先週から4日連続の真冬日が続き、身も心も?凍りつく寒さなのだ。
560.jpg
我が家はオイルヒーターで暖をとっていますが、風来坊の部屋は節電のため
設定を可能な限り抑えています。ただ今回のような寒波が襲ってくるとこれ
だけでは対応しきれず、否応なく小型電気ストーブを持ち込んで寒さをしの
いでいます。それでなくてもごっちゃごちゃ〜と狭い部屋。ヒーターの熱が
周りの家具などに直接当たらないよう注意せねばなりません。そして速攻で
暖かくなるのはいいのですが輻射熱の影響なのか素肌の足がやけに熱く感じ
始め、スイッチを消したりまたつけたりとせわしないのです。(^^;)
後はベッドに入って録画した番組を見ようにもまだ寝るには早過ぎ。う〜む。
以前はジオラマ作りに熱中しすぎて気付いた時には深夜帯突入も多々あった
のですが、今年はその気になりませんのこと。以前買った文庫本を取り出し
読もうにも数日前に読み終えたものをまた引っ張り出す気になりませんしね。
寝つきがよければなんの問題もないのですが、こういう時に限って頭が冴え
ちゃって。う〜ん参ったな...の夜に頭が凍りつく?風来坊なのでした・・・。

スポンサーサイト

PageTop

旨し!

風来坊はマルちゃんの『麺づくり担々麺』が大好きなのです。(^^)
559.jpg
昨日食べたこれは期待を裏切らない濃厚なタレと出汁、そして適度の辛さが
病みつきになるほどの幸せ感を運んでくれた。もともと辛いものに目がない
風来坊なので、買い物に行くとまずこのコーナーに行って値段をチェックし
100円を切ったお値段なら笑顔でカゴに入れる。マルちゃんならおソバも
うどんも好き。だから本来買うべきものを入れる頃にはカゴが満杯になって
いるのが常だ。ただ最近カップメンの値段が高止まりでなかなか手が出なく
なっている。欲しい!食べたい!の心がうずいてもお財布と相談しなくちゃ
ならないのだ悔しいけど。まるで後ろ髪を引きずられるような焦燥感で胸を
掻きむしられるとでも言うのかしらん。な〜んちゃって。(^^;)
カップメンは、値段もさることながら出汁が決め手となる。さらに生メンで
あれば非の打ちどころがないのだ。安ければ良い...な〜んてさらさら思って
いない。まっそうは言っても常日ごろ食べるわけにもいかないので頃合いを
見計らって食することにしています。自分へのご褒美?みたいなものかもね。

PageTop

暖気。

いつもの年なら雪かきに追われる毎日なのだけれど・・・。
558.jpg
気温が13度とまるで春を思わせる陽気が続く北国。道路の雪が融け始めて
ぐちゃぐちゃ状態。ただ明日からは急激に気温が下がるとのこと。暖かさに
慣れた身体がこの変化に対応しきれず風邪を引きかねません。そして湿った
大量の雪が積もると難儀な雪かきが待っています。降る降らないはお天道様
任せ。ぼやいても何も変わらないけれど窓外の雪に右往左往する朝が嫌でも
くるのだから覚悟だけは忘れないようにいたしましょうか。(^^;)
そろそろお歳暮の品選びをしなくちゃなりません。何にするかはまだ決めて
いませんが、毎年その時の気分任せで自分ならこれが欲しいと思えるものを
選んでいます。はてさて「あっと驚く珍品の掘り出しもの?」が見つかると
いいな...などと相手の驚く顔が見たい風来坊のいたずら心はまだ衰えていま
せんのこと。ただ苦情の電話は避けねばなりませんので適度の苦笑いだけに
抑えるつもりでいます。な〜んてね。(^^;)

PageTop

暖冬?

気温は予報通り下がり始めたけれど、北国の冬景色には似つかわしくない?
アスファルトが顔を出したままだ。このまま春が来る訳ではないが、これは
これでとっても楽チンこの上もない。先の雪かきでショベルに雪がひっつき
難儀多々になった。そこでシリコンを表面にコーティング。どれだけ効果が
あるか早く試してみたい...な〜んてね。(^^;)
557.jpg
ただ余裕をかましているのも今だけ。午後から明日にかけて雪だるまが羅列
多々。雪量は少なくてもきっとあの湿って重たい雪になりそうである。運動
不足の身としてはチャンス到来と?やせ細った筋肉の増強に努めましょう。
早いもので明後日から12月に突入します。早くも歳末商戦が賑わいを見せ
師走の慌ただしさが現実となって忍びよってきました。クリスマスツリーの
飾りつけ。大晦日の除夜の鐘。そしてお正月が来ると後はひたすら雪融けを
待つ毎日が待っています。そろそろ来年の抱負を何にするか、無い頭をこね
くり回し我がノートに書き連ねていこうと考えています。筆頭に上がるのは
もう決まっています。まず自転車に乗っての逃避行計画。ご無沙汰している
石狩灯台に来年こそは出かけたいものと思っています。自分の足で出かけた
先にある四季折々の風景は、苦労して漕いだご褒美なのですね。(^^)

PageTop

好物。

先日降り積もった雪が融けず、凍った雪道に足を取られる難儀な季節になり
ました。夕暮れが迫ると暖房ヒーターのメモリを上げて暖をとっていますが
こんな時はお腹の底から温めるに限ると昨夜お鍋をいただきました・・・。
556.jpg
素材はシャケとタラの切り身。そして鶏肉と丸めたつくねを入れ野菜を投入。
やがてグツグツと煮えたぎってくると、食欲をそそる匂いが辺りに漂い始め、
ご飯が炊き上がる前に手が伸びそうになるのですね。(^^;)
それでは食べましょうか。いっただきま〜す。ハフハフ。もぐもぐ。お腹に
沁み渡る旨味にご飯を食べるのを忘れるほどです。やがてあらかた食べ尽く
したらお茶碗にこれらをぶっ込み一気に完食。速攻で「ごちそうさま〜」と
相成りました。これから北国はもっと寒い日が続きますので、お腹の底から
温まる食事がもっと増えることでしょう。隠れ家ではもっぱらカップメンが
中心なのでいまから「今夜の夕食は何かな?」な〜んて待ちどうしくなって
います。おやおやまだ朝だよ。もうはや食い意地が張っている風来坊が顔を
出し始めたのかな・・・。(^^;)

PageTop

到来。

予感はしたもののドアを開けるまでは気にもとめず外へ。ううっ!やっぱり
来たのね雪降る朝が。でも思えば昨年の今頃はドカ雪で悪戦苦闘していたの
だからまだマシな方だとフードを被り直して隠れ家へと急いだ・・・
555.jpg
降りやまぬ雪を見ながら観念せねば...と言い聞かせますがキーボードを叩く
手が止まります。予報では今週一杯雪マークとか。これから来春まで体力が
落ちた身に除雪の悩ましさが押し寄せて憂鬱至極。遠吠溜息。いくら雪国に
住んでいようとも、この現実を受け入れるにはかなりの時間が必要なのです。
思い返すとこの一年、これといった話題が浮かんでこない。これも自転車に
乗らなくなって2年が過ぎたことと関係しているかもしれません。雪融けと
ともに嬉々として出かけていたあの頃が懐かしい限りでしてね。ただ強いて
あげるならひざ関節の痛みが消えたことぐらい。診察も二ヶ月に一度になり、
薬の数も少しづつ減っています。サビが目立つ自転車が来年こそは風来坊と
一緒に走りたいと思っている筈。気落ちすることもありますが、暖かな春の
そよ風に向かってペダルを漕ごうと思っています・・・。(^^)

PageTop

道端。

歩道に積もる銀杏の葉。そぼ降る雨に濡れた枯葉は秋の終演を物語っている
かのようです。初雪が例年より遅れていますが、まもなく辺り一面真っ白に
様変わりすることでしょう。覚悟を決めなくちゃいけませんね。(^^;)
553.jpg
川沿いの木々は葉を落とし、今まで見えなかった対岸の視界が開けています。
肌を刺す冷たい空気が歩く速度が早めるのもこの季節ならでは。感傷に耽る
などと悠長なこと考える間もなくきびすを返して帰路へと向かわざろうえま
せんのこと。情けないけどこれが北国の晩秋なのだ。
最近日暮れが早まると夕食後の時間をもっと有意義なものにせねばと思って
います。読書三昧に明け暮れるか、それともジオラマ作りを再開する方法も
ある。でもいまいちノリが悪い。他にないものかと思考回路をほじくっても
過去の記憶が断片的で途切れとぎれで面倒臭くなるのがオチ。だったら成る
ように成るさの適当グダグダが一番性に合っているかもしれない。な〜んて
毎年同じことを繰り返してはため息つく風来坊。馬鹿丸出しだな。これでは
焦燥感が倍返しで膨らんでくるばかりだ。今年こそ何かを考えなきゃ。でも
やっぱり面倒臭い。唯一変わらないのは...うん?なんだったけ...。(^^;)
554.jpg

PageTop

我慢。

隠れ家のストーブを点けるのは早朝だけ...?今のところはねっ。(^^;)
552.jpg
暖冬の恩恵を受けている今年の北国。エルニーニョ現象のおかげ... とばかり
言っていられませんが、雪で覆われた窓外を見ずに済むだけでも幸せなのだ。
いつもなら、ため息吐息で雪かき三昧の朝を迎えてます。湿って重たい雪は
難儀至極。おまけに腰を痛める心配もあったりで、一筋縄ではいかないのだ。
まっそうは言っていても気温の低下は始まっています。来週には雪マークが
ちらほら出始めました。例年と比べるとめっちゃ遅いのですが、来るものは
大挙して押し寄せてくるのが北国ならではの定め。雪かきの準備を怠ること
なく今しておかねばなりません。ある日突然大雪を降らすことだってあるの
ですから。その時ぼやいても後の祭り。空に向かって遠吠え上げるしか策が
ないのです。後悔先に立たずは名言の一つと準備万端、除雪意欲。再度確認。
な〜んてね。言いつつ風来坊の心は早く春よ来いと願望多々。そして究極の
ふて寝作戦を展開しちゃおうかしらん・・・。(^^;)

PageTop

備え。

まるで冬が終わったかのような暖かい日々が続く北国・・・。
551.jpg
そよぐ風もさほど気にならない冷たさ。歩きながらこのまま遠くへ行っちゃ
おうかな?な〜んて思ったり。天気予報も外れて先ほどから青空が顔を出し
始めました。きっと北大のイチョウ並木は枯れ葉が道端にうず高く積もって
いることでしょう。終日気温が一桁になるのは来週までおあずけだそうです。
今のうちにまた本屋さんにでも行こうかしらん。先日椎名誠の単行本を買い
ましたが、風来坊が大好きな「椎名節」が影を潜めていたのでもっと真剣に
目を凝らして探してみたいと思っています。(^^;)
だけど冬は確実に迫っていることを忘れてはいけませんね。暖かな日に冬の
準備をしなくちゃなりませんのこと。雪かきショベル・厚手の手袋。そして
欠かせない長靴。そうそうマフラーも...うん?どこに片付けたか記憶が曖昧。
早朝の窓外の雪景色に慌てないよう今の内に準備いたしましょう。(^^)

PageTop

散歩。

先日の昼下がり、近くを流れる川沿いを散歩してみた・・・。
気温が20度に手が届く暖かな日々。川べりを散策しているとススキの穂が
至るところで出迎えてくれた。いつもなら暦が替わる11月初旬に雪景色に
なるのが常なのだが今年は朝寝坊でもしているのかしらん。長ぐつも手袋も
ダウンジャケットも所定の場所でまだ休眠中でして。だけど雪かきの苦労を
思えば、もっと先延ばしにして構わないから...と思わず笑みがこぼれるのだ。
550.jpg
そういえばうるさいほど飛び交っていたトンボの姿が見えない。アリさんも
一匹見ただけだった。川面を見ながらタバコをくゆらしていると、何処から
ともなく五輪真弓の「恋人よ」のメロディーが聞こえてくる。この時はまだ
枯れ葉散る夕暮れ...にはなっていなかったけど目の前の風景が憂いを帯びて
淋しさが音もなく募ってくる。季節に翻弄されるか、なすがままに任せるか
人それぞれ。風来坊はどこまでも我を貫く性格なので大雪が降った朝などは
空に向かって罵詈雑言。さらに手にしたショベルを放り投げたり。昔も今も
そのやんちゃぶりの性格は変わらない。はてさて今冬に大雪が降ってきたら
また同じことを繰り返すのだろうか・・・。(うん、間違いない?^^;)

PageTop