FC2ブログ

風来坊のひとりごと

春夏秋と自転車逃避行に目覚め、冬はジオラマ作りに夢想浮遊。 まるで自由人を絵に描いたような気ままな風来坊でございます。(^^;) 〜2015.11.21〜

恐怖。

昨夜9時22分、震度6弱の地震が北国を襲った・・・。
0005.jpg
風来坊がいるところは震度5弱。それでもかなり強い揺れがしばらく続いた。
思い出すのは昨年9月に北国を襲った大地震。この時は、瞬時にして北海道
全域でブラックアウトの停電になった。揺れが収まった後に待ち構えていた
真っ暗な闇に右往左往。朝日が昇るまでなす術がどこにもなかった。電気が
止まるとほとんどの器具が使えない。我が家ではセントラルヒーティングを
利用しているので炊飯もお風呂も全て電気あってこそ。だから突然使えなく
なると前に進めなくなるのだ。幸いにして水道は使えたので、これを温める
携帯コンロが...ある筈もなく途方にくれた。買いに行っても店は長蛇の列で
大混乱状態。さらに棚はすっからかん。その時何を手に入れたのかは覚えて
いない。そのまま手ぶらで帰ってきたようにも思える。(^^;)
地震が来ると恐怖とこれからの生活の不安が交差してしまう。昨日の地震は
揺れだけで収まったが、また余震が起こるかもしれない。お風呂場の浴槽に
水を張り、非常食の確認をしておかなければならない・・・。



スポンサーサイト

PageTop

徒労。

先日、2ヶ所の徒歩買い物を無事すませた・・・?
青空に背を押され、近くにあるお店へ出かける。ここで買うのは残り少なく
なっていたお菓子と飲みもの。メモ紙を見ながら必要な品々をカゴに入れて
店を出る。ううっ!眩しい。太陽の光が雪に反射して目を直撃。一瞬にして
雪目状態になった。その性で家に入ってもしばらくの間辺りがよく見えない。
冬の晴れた日は目の保護にも気をつけねばならないのである。
0004.jpg
さてお次はもっと遠くにあるお店。こちらはクーポン券が使えるのでお得感
満載。個数限定でないのがまたうれし!なのだ。出かけた道端では排水溝が
雪で埋もれていた。これも北国ならではの冬の光景。ようやくお店に着くと
早速めぼしい品からカゴに入れ始めた。普段は数個しか買わないのだけれど
この日は大盤振る舞い。他の棚も一応見て回ったが手を出さずにレジで精算。
お得感に満足しながら帰宅の途に着いた。だがしかしこの時点で大失態した
ことに気づく羽目になる。なんと!ポケットに入れたクーポン券があるでは
ないか。慌ててレシートを見ると定価の金額が記されていた。レジでこれを
出すのを忘れていたのだ。ショック雨あられ...いや猛吹雪状態。なにやって
いるんだか風来坊は。事もあろうにこんな失態をするなんてさ。(^^;)

PageTop

雑記。

洋ダンスの扉にまた一つガラクタが増えた・・・。(^^;)
引き出しの中にあったよくわからないキャラ。捨てればいいものを今日まで
あったのもなにかの縁だと扉に固定させた。鉄腕アトムにも似ているけれど
作りが雑。多分お菓子か飲料水のおまけに付いていたものだと思うがいつの
時代のものか今となっては思い出せない。風来坊はリアルなフィギアが好き。
だから海洋堂が作るフィギアは数多く残っている。そろそろ引き出しの奥に
置かれたままになっているこれらを捨てるきっかけになるかもしれない。
0003.jpg
昨日ごちゃごちゃが売りの?某スーパヘ行った。歩くにはかなり遠い場所に
あるため極寒の冬は行くのをためらわれるのだが、その原動力になったのは
ネスカフェゴールドを買うためだった。ここの店は他店と比べて値段が破格。
だから一度に3個。たまに4つ買うこともある。ついでにお菓子売り場にも
足を伸ばし飴玉とビスケットもゲット。あとは2階のトミカコーナーを探索
したが思っていた通り風来坊が好きな「働く車」の新製品は無かった。
雪が融け始めるとふきのとうが顔を出す。川沿いの散策路を歩ける日が早く
くるといいのですが・・・。

PageTop

憂鬱。

自宅の雪かきを終えて隠れ家に来ると思った通り雪まみれ階段が待ち構えて
いた。ボヤキを封印して下に落ちないようそろりと雪はねを開始した・・・。
0002.jpg
予報が外れることを期待した風来坊だったが、そういう時に限って大盛りの
ご馳走?いや雪が提供されるのである。さらに明日には最高気温がマイナス
二桁の寒波が北国を襲うらしい。まるで冷凍庫に閉じ込められたマグロ状態。
いやはや「なんでこうなるねん。自然界の神様のいじわる...」と憂鬱至極。
心して水道凍結や低体温症にならぬよう気をつけねばならない。春の足音は
まだ先のようだ。そして自宅の雪山が限界に近づいてきているので近日中に
排雪業者に連絡した方がいいかもしれない。ただ出費がかさむとそれでなく
ても軽くなったお財布がすっからかんになる。う〜ん。参ったちゃん。文句
・愚痴・嘆き。そして虚しい遠吠えの輪廻は三月後半まで続きそうです。

PageTop

引越。

ミニオンズの船長を洋ダンスの扉へ島流し・・・?
001.jpg
磁石を貼り付け、Zライトに固定させていたミニオンズ。その内のひとつを
先日移動させた。別にこれを選んだ理由はどこにもないが、Zライト越しに
テレビを見る時、嫌でも目に入り気になってしょうがないのだ。ただこれを
飾っているのは風来坊だから責任は私にあるのだけれど、彼らは文句を言い
たくても夢の中でしか登場できない。移動すると決めた日、溜まった汚れを
きれいに取り払い「今日から君はここの番兵に昇格だよ」と伝えた。磁石を
固定させるためクリップをL字に折り、その上に乗せる。おっいいじゃない。
バックの青色が海原を連想させるし。ただ気をつけないと勢い余って落とす
ことになりかねないので、そっとドアを閉めるお目付役としても効果がある。
ただよく見ると左目にうっすらと涙が浮かんでいるようにも見えてちょっと
不憫にも感じたり。いつの日か気が変わったらもっといい場所へ移動させて
あげましょうか・・・?(^^;)

PageTop

愚痴。

食べた果物の種が今ではこんなに大きく育っている・・・。
007.jpg
柚子と書いたけど、過去にわざわざ買って食べた記憶がないのだ。ひょっと
したらこれはレモンかもしれない。調べると両方とも葉の形がよく似ている。
レモンならなん度か買ったことがあるしね。実が付けばわかるがそれ相応の
時間がかかり、室内でそこまでなるとは思えない。前にも書いたが冬の間の
憂鬱感を打ち消すために緑の葉っぱが育てばそれで良しなのだ...と言いつつ
1月がもうすぐ終わりますね。ぼやぼやしているとあっという間に夏がきて
やがて枯葉が舞う季節が訪れてしまう。ああ〜時間の過ぎ去る勢いにうなだ
れるばかり。ひとり悶々と恐怖感が伴う。だれか手を貸してたもれ。否いや
こんな時だからこそ他力本願ではなんの解決にもならない。
自分の力で踏ん張り明日を見据えなくちゃいけない。わかっているけどこの
ぬくぬくまったり感も捨てがたい...などといっている風来坊は底抜けの馬鹿
野郎かもしれない。兎にも角にも一日のサイクルをひっぺ返そう。それしか
前を向くご褒美にならないのだから。できるのかしらん。無言失意・・・?

PageTop

事件?

あいたたっ!やってしもうた・・・。(^^;)
006.jpg
空いた段ボール箱を裁断してひとまとめにしていた時、その事件は起こった。
カッターナイフで切っていたのだけれどいつの間にか手が逸れて長袖トレー
ナーに傷つけてしまった。このトレーナーは厚手なのでお腹まで刃が達して
いなかったのが不幸中の幸いではあったけど、いやはやなんとも参ったのね。
これを着るたびに傷跡が気になってしょうがないのだ。他にあれば着替える
のだけれど無いときている。残る手段は縫い繕うことしかない。意を決して
裁縫箱を取り出し作業を始めたが老眼が進んでいる身にはまず針に糸を通す
ところから難儀至極。それでもようやく縫い付ける作業に入ったけど今度は
乾燥肌の手が邪魔をするのだ。作業を進めるたびに手に引っかかって癇癪が
湧き上がってくる。でも今回は我慢の限界に至る前になんとか終えることが
できた。さて今度はこれをどう隠すかだ。布製のワッペンかキャラがあれば
いいのだが、生憎手元にない。う〜む。おっ!そうだ。おしゃれなテープが
たくさんあったはず。でもね隠すには色合いも大事。黒や赤はたくさんある
けど緑は皆無。ここではたと思考回路が遮断。嗚呼絶句・・・。(^^;)

PageTop

最悪。

予想はしていたけど、これ程とは・・・。( ><;)
とうとう来るべきものがやってきた。覚悟を決めてドアを開けた途端、雪が
邪魔して行く手を阻む。それでも吹き溜まりにたまった雪をかき集め、なん
とか道を確保。ただ強烈な北風が雪を舞い上げるものだから投げた雪が風に
飛ばされ元の木阿弥状態。これでは隠れ家の階段はひどいことになっている
ことだろう。う〜ん。行くのよそうか・・とはいってもパソコンはこちらに
あるし。愚痴っても何も変わりはしない。ああ!とほほ...。
005.jpg
おまけにやたらと気温が低い。昨夜は二桁のマイナスになった。今日も風が
強い荒れた一日になるようだ。昼から所用を足しに出かける予定だったけど
様子見せねばならない。まいったな。やっぱり北国の冬は侮れないのだ。

PageTop

停滞。

雪が降る冬はジオラマ作りに夢中になっていたものだが・・・。
004.jpg
どういうわけか今ひとつ作りたいにならない。それでも不要になった厚手の
紙や箱、段ボールなどは捨てずにいるので溜まる一方なのである。以前にも
書いたが風来坊はリアリティーもさることながら、市販の材料を買い求めて
まで作ろうとは思っていない。不要になったものに新たな命を吹き込めれば
それで良し。大いなる満足感が得られるのだ。でも一旦手が止まると興味が
薄れて作る意欲がしぼんでしまった。だからこれ作りたいのアイディアまで
もが浮かんでこなくなった。やがて棚に置かれたこれらに埃がつき始めると、
これもまたリアルかも?と思ったりして・・・。(^^;)
ダメだねこれでは。あれほど夢中になって作っていたのに。飽きてしまった
のかしらん。う〜む。ただジオラマ作りの熱まで冷めたとは思えないけどさ。
もしまた始めるなら今までとは違った展開を見つけなければならないだろう。
使う素材に限界があることは百も承知で切った貼ったをしているのだから...。

PageTop

定番。

お腹がすくとトーストを食べるようになった・・・。
003.jpg
以前ならお菓子に手が伸びていたが、最近この癖が抜けたのか目が向かなく
なった。バターを少なめにし、メープルシロップをドバッとかけ一気食いに
走るのだ。以前ならバターを塗った後、カラシを付けたポークソーセージを
挟んで食べていた。これが風来坊の嗜好に合っていて実に旨い。高カロリー
なんて他人事の話さ...な〜んてほざきながら・・・。(^^;)
膝の痛みがなくなり通院が面倒になってきた今日この頃。2ヶ月に一度では
あっても行けば待合室の混雑に閉口するのだ。待てど暮らせど名前を呼ばれ
ないじれったさにイライラが募り癇癪の虫が口から飛び出さんばかりになる。
諦めなさいと自問自答するには限界があるのだ。主治医の診察は数分もかか
らないというのにね。愚痴と寛容のはざまでもがいている方がよっぽど体に
悪いと思うのだ。しょうがないけどさ。それでも我慢できなくなると院内に
ある小さなコンビニに行き帰りに買うための品選びをしたりして。ただこれ
欲しいになるものが無い。仕方がないと諦め、また椅子に座り直してじっと
我慢の時間が流れていく。次回行く時は何度も読み終えた文庫本を忍ばせて
行こうかな...な〜んてね。悪あがき得意な?風来坊なのでした。(^^;)

PageTop